ホーム    このサイトについて    論文の投稿・確認        English    図書館    東京外国語大学    問合せ

東京外国語大学学術成果コレクション >
全文画像化図書 >
C-DATS全文画像化図書一覧 >

 
タイトル :史資料ハブ : 地域文化研究 : 東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」
著者 :文部科学省21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」総括班
東京外国語大学大学院地域文化研究科
巻号 :No.9
公開者・出版者 :文部科学省21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」総括班
作成日 :2007.3
数量 :300p
大きさ :26cm
標題の言語 :Japanese (日本語)
本文の言語 :Japanese (日本語)
収録種別 :C-DATS紀要
ISSN :13483250
URI :http://hdl.handle.net/10108/24156
NC書誌ID :DA00000041
出現コレクション:史資料ハブ : 地域文化研究
C-DATS全文画像化図書一覧

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
cdats-hub9_top.pdf表紙(Cover)157KbAdobe PDF見る/開く
cdats-hub9_index.pdf目次(Index)1673KbAdobe PDF見る/開く
cdats-hub9_ednote.pdf編集後記,奥付(Editor's note, Colophon)1958KbAdobe PDF見る/開く
cdats-hub9_back.pdf裏表紙(Back Cover)148KbAdobe PDF見る/開く
 
関連
 C-DATS・電子図書館プロジェクト : Dilinsにおける史資料の多言語目録構築とデジタル化を中心に (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 トルコの文化と歴史に関する文字資料を図書館の環境で利用すること (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 バングラデシュ解放戦争の歴史記述における口述(オーラル)証言の意義 (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 テトワンの私的図書館が持つ文化的財産 : ダーウード図書館を例として (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 米国における東アジア研究の過去、現在、未来 (欧米におけるアジア)
 オーラル・アーカイブの構築、応用と難点 (オーラル・アーカイヴズに関する報告)
 トルコの文化と歴史に関する文字資料を図書館の環境で利用すること (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 新聞報道に見る1888年のバルセローナ万国博覧会における日本の存在 (欧米におけるアジア)
 総括討論 (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 学長挨拶 (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究)
 <企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究 : プログラム
 アチェ文化財復興支援室の活動について (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 モンゴル国における文書館の組織と発展の問題 (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 失われた宝石の回復 : ミャンマーの貝葉文書、折畳み写本の収集、保存とテキスト研究 (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 南スラウェシにおける日本軍政 : インドネシアにおけるオーラル・ヒストリー初期的研究 (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究) 
 活動報告 : 活動日誌, 各班の活動報告, 出張報告, 2006年度助成金受給者研究概要, 購入資料・雑誌・マイクロ資料紹介
 パネルディスカッション : デジタル化資料はオリジナル資料をこえられるか (<企画>国際シンポジウム : アジア・アフリカ史資料学の現在と地域文化研究)