ホーム    このサイトについて    論文の投稿・確認        English    図書館    東京外国語大学    問合せ

東京外国語大学学術成果コレクション >
附属図書館 >
発表論文(図書館) >

 
タイトル :地域研究コンソーシアム情報資源共有化研究会 第2回海外調査報告
別言語のタイトル :Report of the 2 expedition to overseas libraries and information networks by the Special Interest Group for Information Resource Sharing, Japan Consortium for Area Studies
著者 :兎内, 勇津流
原, 正一郎
加藤, さつき
上田, 誠治
結城, 憲司
五島, 敏芳
別言語の著者 :Tonai, Yuzuru
Hara, Shoichiro
kato, Satsuki
Ueda, seiji
Yuki, Kenji
Goto, Haruyoshi
公開者・出版者 :大学図書館研究編集委員会
作成日 :2007-8
言語 :Japanese (日本語)
要約(Abstract) :2004年度に、地域研究関連諸機関の連絡組織として発足した地域研究コンソーシアムに組織された情報資源共有化研究会は、2006 年11月に、第2回海外調査を実施し、米国のOCLC,CRLなど、学術図書館のネットワークを支える機関を中心に訪問した。米国の学術図書館のネットワークはOCLC,CRL,ARLなど、それぞれの役割を異にする非営利団体によって支えられる面が大きい。これらの組織は、図書館が自動的に加入するものでなく、パートナーシップによって成立している。日本においても、資源共有を促進する上では、こうしたパートナーシップに基づく協力関係を組織する可能性について、検討する必要があるだろう。 The Special Interest Group for Area Studies Resource Sharing was formed in 2004 under the auspices of the Japan Consortium for Area Studies. In November 2006, the group conducted its 2nd overseas survey by visiting a number of organizations in the United States that support academic library networks such as OCLC and CRL. There are a variety of non-profit academic library networks in the United States such as OCLC,CRL,ARL,etc. each playing a different and important role. The organizations are developed through partnerships, libraries cannot join automatically. The authors believe that it might be beneficial for Japanese organizations to develop similar organizations based on partnerships in order to improve resource sharing.
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :03860507
URI :http://hdl.handle.net/10108/41770
NC書誌ID :DA00000529
掲載雑誌 :大学図書館研究 (Daigaku Toshokan Kenkyu) Vol.LXXX p.92 -101
出現コレクション:発表論文(図書館)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
ueda_kato_03860507_v80_92.pdf本文 (Fulltext)901KbAdobe PDF見る/開く