ホーム    このサイトについて    論文の投稿・確認        English    図書館    東京外国語大学    問合せ

東京外国語大学学術成果コレクション >
史資料ハブ地域文化研究拠点 (C-DATS) >
史資料ハブ : 地域文化研究 >

 
タイトル :史資料ハブ : 地域文化研究 : 東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」
著者 :文部科学省21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」総括班
東京外国語大学大学院地域文化研究科
巻号 :No.1
公開者・出版者 :文部科学省21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」総括班
作成日 :2003.3
数量 :187p
大きさ :26cm
標題の言語 :Japanese (日本語)
本文の言語 :Japanese (日本語)
収録種別 :C-DATS紀要
ISSN :13483250
URI :http://hdl.handle.net/10108/616
NC書誌ID :SH00000021
出現コレクション:C-DATS全文画像化図書一覧
史資料ハブ : 地域文化研究

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
cdats-hub1_top.pdf表紙(Cover)96KbAdobe PDF見る/開く
cdats-hub1_index.pdf目次(Index)1521KbAdobe PDF見る/開く
cdats-hub1_ednote.pdf編集後記,奥付(Editor's note, Colophon)1546KbAdobe PDF見る/開く
cdats-hub1_back.pdf裏表紙(Back Cover)88KbAdobe PDF見る/開く
 
関連
 活動報告 : 活動日誌, 各班の活動報告, 東南アジア資料収集, 海外出張報告, 2002年度購入マイクロフィルム一覧
 『史資料ハブ地域文化研究』刊行によせて
 21世紀COE プログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」は何をめざすのか : 拠点形成計画書
 基調スピーチ (<企画>シンポジウム : アジア・アフリカ地域研究と史資料 : 現状と課題 : 研究者・図書館・文書館のネットワーク形成に向けて)
 アジア太平洋アーカイブズ・ネットワーク形成の課題 : アーカイブズ学の立場から : 報告 (<企画>シンポジウム : アジア・アフリカ地域研究と史資料 : 現状と課題 : 研究者・図書館・文書館のネットワーク形成に向けて)
 日本におけるアジア関係史資料とネットワーク : 報告 (<企画>シンポジウム : アジア・アフリカ地域研究と史資料 : 現状と課題 : 研究者・図書館・文書館のネットワーク形成に向けて)
 京都大学東南アジア研究センターにおけるコレクション形成と資料収集活動 : 報告 (<企画>シンポジウム : アジア・アフリカ地域研究と史資料 : 現状と課題 : 研究者・図書館・文書館のネットワーク形成に向けて)
 コメント : 現地語資料収集に関するコラボレーション立ち上げの問題点 (<企画>シンポジウム : アジア・アフリカ地域研究と史資料 : 現状と課題 : 研究者・図書館・文書館のネットワーク形成に向けて)
 コメント : 21世紀COEに対する附属図書館と図書館職員の役割 (<企画>シンポジウム : アジア・アフリカ地域研究と史資料 : 現状と課題 : 研究者・図書館・文書館のネットワーク形成に向けて)
 全体討論 : 要旨 (<企画>シンポジウム : アジア・アフリカ地域研究と史資料 : 現状と課題 : 研究者・図書館・文書館のネットワーク形成に向けて)
 各国におけるオーラル・アーカイヴズに関する中間報告
 中国徽州文書 (アジアにおける在地固有文書解題)
 ビルマ・コンバウン時代の在地文書テッガイッ (アジアにおける在地固有文書解題)
 トルコ共和国総理府オスマン文書館所蔵文書 (アジアにおける在地固有文書解題)
 モンゴル国立中央文書館所蔵の清代文書史料 : フォンド目録 (アジアにおける在地固有文書解題)
 日本近世の徴税役所文書 : 湊十分所 (アジアにおける在地固有文書解題)
 <企画>座談会 : 史資料ハブ地域文化研究拠点の構築に向けて
 インドネシア・ジャワのペゴン文書 (アジアにおける在地固有文書解題)