ホーム    このサイトについて    論文の投稿・確認        English    図書館    東京外国語大学    問合せ

東京外国語大学学術成果コレクション >
東京外国語大学 >
大学院総合国際学研究科 >
言語・地域文化研究 >

 
タイトル :目的を表す「~ために」と無意志的事態の共起 : 「~できる」との接続を例に
別言語のタイトル :Co-occurrence of "-tameni" in purposive use and non-controllable events in Japanese : A case study on "-dekiru tameni"
著者 :佐藤, 雄亮
別言語の著者 :Sato, Yusuke
公開者・出版者 :東京外国語大学大学院
作成日 :2010-3-31
言語 :Japanese (日本語)
収録種別 :紀要論文
ISSN :13419587
URI :http://hdl.handle.net/10108/63916
掲載雑誌 :言語・地域文化研究 (Language, area and culture studies) no.15 p.421 -430
出現コレクション:言語・地域文化研究

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
lacs016024.html抄録/要約 (Abstract/Summary)2KbHTML見る/開く
lacs016024.pdf本文 (Fulltext)791KbAdobe PDF見る/開く