ホーム    このサイトについて    論文の投稿・確認        English    図書館    東京外国語大学    問合せ

東京外国語大学学術成果コレクション >
附属図書館 >
発表論文(図書館) >

 
タイトル :学習支援としての情報リテラシー教育 : これまでとこれから
別言語のタイトル :Information literacy education as learning support : past practices and future possibilities
著者 :茂出木, 理子
別言語の著者 :Modeki, Riko
公開者・出版者 :学術文献普及会
作成日 :2014-3
言語 :Japanese (日本語)
要約(Abstract) :情報リテラシーを習得することは,「学び方」を身に付けることと同義であるという観点から,今後の情報リテラシー教育について,先行論文の調査分析と関係者とのディスカッションから得られた知見を基に論考する。これまでの実践を振りかえると,情報リテラシー教育が大学図書館の業務として定着したことは大きな成果であった。しかし,文献検索を中心とした講習会にとどまらず,大学の教育改革に合わせた学習支援としての情報リテラシー教育への転換が必要である。学習理論の理解をはじめ,担当者が意識し,実践するべき9項目について述べる。 Based on knowledge gained through an environmental scan of the literature and discussions with practitioners, the author looks at information literacy education in the past and present from the perspective that gaining information literacy is the same thing asPlearning to learn.WIn looking back at what has been accomplished, it is a major accomplishment that information literacy education has been incorporated into university libraries operations. But it should not be limited to workshops on information retrieval. It is critical that information literacy education evolve to provide learning support in tandem with changes in university education. Beginning with an understanding of learning theory, the author offers 9 points that she has become aware of and believes should be put into practice.
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :03860507
URI :http://hdl.handle.net/10108/80083
掲載雑誌 :大学図書館研究 (Journal of college and university libraries) no.100 p.53 -64
出現コレクション:発表論文(図書館)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
modeki_03860507_v100_53.pdf本文 (Fulltext)546KbAdobe PDF見る/開く